2018.02.19 upload

おのののかが教える“2018 NBAオールスター”を楽しむための3つのポイント!!

Talent

ORIGINAL ENTRY
View 12,000

NBAオールスターがアメリカ現地2月16日(金)~18日(日)にロサンゼルスのステープルズ・センターで行われる。バスケットボール歴10年のおのののかさんに、世界最高峰レベルの選手が集まる夢の祭典の楽しみ方について、色々と話しを聞いてみた。(取材日:2018年1月10日)
NBAオールスター、絶対見てほしいです!

今年はロケッツ推し!
小中高とバスケットボール歴が10年のおのさんは、昨年のNBAオールスター前夜祭を見てNBAにハマるようになった。まずは、今季のNBAについて聞いてみた。「ヒューストン・ロケッツを応援しようと思って、ロケッツを中心に見ています。主力の怪我もあり、首位がゴールデンステート・ウォリアーズに入れ替わってしまったのですが、ロケッツが再びウェスタンの首位に返り咲けるように応援していきたいです」。

今年からロケッツを応援している理由については、「最初はジェームズ・ハーデンをプレースタイルから好きになりました。独特のテンポで抜けていくドリブルと正確なシュート、そして他の選手を活かすことができるパスなど全てが魅力的でした。今季はクリス・ポールが加入して、さらにオフェンス力があがりましたよね。オフェンスが強いチームが好きです。これまではウォリアーズが好きで今でも好きですが、絶対的王者よりもそこにライバルとして入ってくるチームを応援したいと思っていたので、ちょうど今季はロケッツが面白くしてくれるのではないかと思い、シーズン最後までロケッツを応援しています」と説明してくれた。

好きな選手としてステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)、アイザイア・トーマス(クリーブランド・キャバリアーズ)、クリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス)を挙げているおのさん。カリー、トーマスはガードだが、ポルジンギスだけはフォワード/センター。ラトビア出身のビッグマンを好きになった理由は、「ポルジンギスは昨年のオールスター前夜祭のスキルチャレンジを見て、身長が2m20cmくらいあるのに華麗なドリブルを披露しているのを見てびっくりしました。これからNBAを代表する選手になるのではないかと思っています」と話してくれた。NBAのスーパースターの一人、レブロン・ジェームズをピックアップしない理由について聞いてみると、「レブロン・ジェームズは強すぎて応援しなくてもいいのではないかと思っています。ヤニス・アデトクンボ(バックス)のように、これからブレークする選手を応援したいな」と、伸び盛りの選手に興味があることが理由だった。

■おのののかさんが選ぶオールスターチーム
今年のNBAオールスターゲームの出場選手の選出方法は、各カンファレンス最多得票の選手がキャプテンとなり、投票によって選出されたスターターとリザーブから両チームのキャプテンがカンファレンスを考慮せずに各選手を指名してチームを編成する。自身がバスケットボールをしていた頃からオフェンスが好きだったおのさんに、オフェンス主体のチームというテーマで選手を編成してもらったところ、意外とバランスの良いチームに仕上がった。

ステフィン・カリー(ウォリアーズ)
ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)
カワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ)
ケビン・ラブ(キャバリアーズ)
クリスタプス・ポルジンギス(ニックス)

両リーグトップの得票数を得たのはイースタンのレブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)。ウェスタンでは、ステフィン・カリー(ウォリアーズ)が最も票数を集めた。スターターとして選出されたのは、イースタンからヤニス・アデトクンボ(バックス)、デマー・デローザン(ラプターズ)、ジョエル・エンビード(76ers)、カイリー・アービング(セルティックス)。ウェスタンからは、デマーカス・カズンズ(ペリカンズ)、アンソニー・デイビズ(ペリカンズ)、ケビン・デュラント(ウォリアーズ)、ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)。(1月23日時点)コーチ選出からリザーブが1月24日、チームロスターが1月26日に決まるので出場選手は未定だが、注目選手に「今回はアデトクンボに注目して見てみたいです。オールスターですと周りもスター選手ですから、その中でどういう活躍をするのか見てみたいです」とギリシャ出身の若きスター候補生を指名した。

■おのののかさん的にオールスターを楽しむ3つのポイント
NBAオールスターは、「一選手にフォーカスされて選手の顔も見やすいので、入り込みやすかったです」とおのさんも答えるほど、NBA初心者でも楽しめるイベント。オールスターウィークエンドでは、ダンクコンテスト、3Ptコンテスト、スキルチャレンジなどといったイベントも開催される一種のお祭りだ。昨年のNBAオールスター前夜祭でNBAにハマったおのさんにNBAオールスターを楽しむためのポイントを聞いてみた。

ポイント1:ギャップ萌えで好みの選手を選んで♪
まずは選手の見た目から入るのはアリだと思います。私は見た目から入ったタイプですので(笑)。見た目はカリーが一番かっこよくて、顔が好みでした。本当は髭が生えていない選手が好きなので、剃ってほしいのですが…。見た目から入ってその選手に注目していると、プレースタイルも少しずつ分かってきます。最初は一人にフィーチャーして、そこからどんどん視野を広げていくのが見やすいかと思います。ハーデンは最初見たときに“逆さ絵”みたいな人だなと思ってみていましたけど、気になって見ていたら、パスもシュートも両方できる私の好きなタイプでした。見た目とは裏腹に繊細なプレーをするギャップが好きです。ギャップ萌えが好きなんです。

ポイント2:前夜祭の3Ptコンテストに注目ですよ!
NBAはフリーだと3Ptシュートが凄い入ります。当たり前のようにネットに吸い込まれます。前回カリーが出場しなかったので、今回はお願い、出てきて(笑)。NBA選手のシュートフォームは素早く綺麗で確実に入るので、見ていて気持ちいいです。絶対オススメです。あと、バスケットボールをやったことがない人は、NBAの3Ptシュートを見る前に実際に近場のバスケットコートに行ってその距離を実感してほしいです。NBA選手は凄く大きいのでコートが小さく見えますが、実際にコートに立ってみると広いですし、3Ptシュートラインから普通の人がシュートしても届かないくらいの距離です。実際にコートに行って、ゴールの高さ、3Ptシュートラインの遠さを感じてもらって、その流れで前夜祭の3Ptコンテストを見ると凄く感動すると思います。

ポイント3:すべてを準備してから試合観戦に入ろう!
私は試合が始まったら試合だけに集中してしまうタイプです。オールスターゲームはすべてが凄いプレーで見逃したくないので、準備万端でテレビの前で見ることをおススメします。用意するのは、ピザ、ポップコーン、ビール、炭酸飲料などでアメリカ感を出したいですね。出場選手の個人情報も予めネットで調べておくと楽しさ倍増です。そして、友達で集まって賑やかにNBAパーティのような感じで楽しんでほしいです。

最後に、NBAオールスターに向けてファンへのメッセージをもらった。「オールスターは世界一の選手たちが集まる場所で1年に1回のお祭りなので、バスケが好きな人はもちろんですけど、今までバスケを見たことがない人でも絶対に楽しめるお祭りです。私のようにオールスターを見たきっかけで、NBAファンになってもらえたらと思います。前夜祭とオールスターゲームをみんなで楽しみましょう!面白さは保証します!!」

<WOWOW NBAバスケットボール番組情報>
★「超絶ドラマチック!NBAバスケットボール」
世界のスター選手が集う世界最高峰リーグNBA!WOWOWでは毎週4試合放送!!
「土曜日は企画満載!スーパーサタデーLIVE」と題して注目試合を生中継するほか、好評企画So!スポなどNBAを楽しめるオリジナル企画満載でお届け!

2/18(日)深夜0:00~ WOWOWプライム
「超絶コンテスト!2018 NBAオールスター前夜祭」
ゲスト:おのののか、解説:佐々木 クリス
MC:Bose(スチャダラパー) ほか

2/19(月)午後0:45~ WOWOWプライム
「夢の祭典!2018 NBAオールスターゲーム」
ゲスト:澤部佑(ハライチ)、谷山紀章、解説:中原雄
MC:Bose(スチャダラパー) 、現地リポーター:長澤壮太郎 ほか

2/23(金)午後1:00~ 「ウィザーズVSキャバリアーズ」 [WOWOWライブ]
2/24(土)午前8:45~ 「スーパーサタデーLIVE!セルティックスVSピストンズ」 [WOWOWライブ]
2/25(日)午前10:00~ 「マジックVSセブンティシクサーズ」 [WOWOWライブ]
2/28(水)午後1:00~ 「ウィザーズVSバックス」 [WOWOWライブ]

■PRTIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004210.000001355.html 

Photo Gallery フォトギャラリー

Octo Octo

RANKING

CURATOR

  • 記者J
    記者J
    地球上すべての美しい女性を求め東奔西走。究極のヲタを目指す傍らで記事を更新なうwww
  • ドッグ・ジュン
    ドッグ・ジュン
    かつては狂犬と呼ばれた豪腕アイドル記者。パパになっても某信越から取材の為上京するヲタ
  • 瞳とーこ
    瞳とーこ
    抜群のモデルスタイルに憧れるがいつの間にか紹介する方になってしまった悲しき乙女記者
  • マンボウ北川
    マンボウ北川
    美女・美少女&ドラマウォッチャー。TV出演・著書あり。年間取材件数は数百を超える古参ライター。
SIDEMENU
×
テキスト